伸びた肌を収縮|金の糸を使った整形メソッド|肌トラブルが改善可能

金の糸を使った整形メソッド|肌トラブルが改善可能

女の人

伸びた肌を収縮

レディー

内側から圧迫

ビニール袋は、物を多く詰めると、内側から圧迫されることで伸びてしまうことがあります。伸びたビニール袋は元には戻らず、たるんだ状態になりますが、頬のたるみもこれと同じ原理となっています。頬には多くの皮下脂肪がついているのですが、この膨らみで肌が内側から伸ばされることで、徐々にたるんでいってしまうのです。たるみはシワの原因となるので、これにより顔はどんどん老けて見えるようになります。しかし美容外科では、伸びた肌を引き締めるための治療がおこなわれています。ビニールは熱収縮性のある素材なので、温めることで縮みますが、肌もやはり温めれば収縮しやすくなります。たるみは肌が伸びることが原因ですから、収縮させればそれだけで解消されるのです。

光や高周波で

頬の肌を温める治療は、レーザーやインテンスパルスライトの照射など、様々な方法でおこなわれています。これらは、肌の色素に熱を与える性質を持つ光です。日本人の肌には、色素がやや多く含まれているので、これらを照射すると色素が熱されて、それを含む肌ごと温められることになるのです。また、高周波によって温めるという治療もあります。高周波には、肌の色素ではなく水分に熱を与えるという性質があります。そのため肌の色合いが濃く、光による治療だと熱の影響を受けすぎるという人の場合、高周波による治療の方が適していると言えます。いずれの場合も、熱による収縮で肌のたるみはどんどん消えていきます。さらに、それにつれて頬の膨らみが減少するので、小顔効果も出てきます。

Copyright©2016 金の糸を使った整形メソッド|肌トラブルが改善可能 All Rights Reserved.